ダンネツコラボ.COM 快適な住まいづくりの総合支援サイト

MENU

何をどうするの?ZEH申請に必要な9つの書類と書き方のポイント
何をどうするの?ZEH申請に必要な9つの書類と書き方のポイント

ZEHの申請には、指定された定型様式の書類と外皮計算書・一次エネルギー消費量の計算書及び根拠となる求積図・建築図面・断熱材、設備の性能を証明する書類などたくさんの書類が必要になります。どのような書類が必要なのか?その書き方は?気になる申請のポイントをまとめていきます。

【平成29年度ZEH支援事業はコチラ】

linegr

【ZEH申請に必要な書類】
①交付申請書
②補助金申請算定表
ZEH補助金(125万円)+蓄電システム補助金=申請金額
③実施計画書
・外皮性能 年間一次エネルギー消費削減量
・外皮性能算定表
・一次エネルギー消費量算定表
④外皮計算書
⑤一次エネルギー消費量計算書
⑥求積図(外皮及び用途別床面積)
⑦設備および外皮の仕様・性能を証明する書類
⑧建築図面
⑨印鑑証明

linegr

①~③までの定型様式の書類はSIIのホームページからダウンロードして記入します。マイクロソフトエクセル形式で3シートに分かれており、それぞれ様式第1交付申請書・定型様式1実施計画書・定型様式2費用総括表にまとめられています。
記入例については公募要領と申請の手引きに分かれて記載されていますので参考にして下さい。

当サイトではポイントを解説していきます。

pointor

①交付申請書

【様式第1 交付申請書】 2ページ 申請内容の概要

申請に係る関係者及び申請内容の概要をまとめるシートです。5ポイント加点要素である、BELSの有無・エネルギー計測を実施するかは、ここに記載します。

ys1-2ho

地域区分・年間日射熱地域区分は省エネ基準に基づく地域データを参照して記入します。省エネ基準のガイドブックや建築研究所や国交省のホームページなどからデータを入手します。
エネルギー計算の算定方法は平成25年基準・平成28年基準・建築物省エネ法の3つの基準から選択します。外皮と一次エネで算定方法(年度)が違うと審査されませんので注意しましょう。
BELSとHEMSの5ポイント加算申請はここのチェックの有無で行われます、申請する場合は忘れないようにしましょう。

②補助金申請算定表

【定型様式2 費用統括表(補助金申請算定表)】

様式第1・定型様式1の必要項目を入力されれば125万円は自動で計算されます。蓄電池の申請をする場合は、このシートに材料費・施工費等詳細を記載します。

③実施計画書

様式第1に入力された値は、このシートに反映されています。基本的に一次エネルギー消費量の削減に関する項目を入力していきます。このシートが一番記載事項が多いので、記載漏れの無いように注意しましょう。

④~⑦ エビデンス

①~③の申請用エクセルについては、転記の際の入力ミスや記載漏れに注意するのが主なポイントです。申請作業でポイントとなるのは、申請書類の根拠を作る作業です。
④~⑦の計算書及び根拠となる図面・資料が必要となります。これは省エネ基準における外皮計算・一次エネルギー消費量の計算と同様の作業となり、計算方法も2020年義務化基準と同様になります。

④外皮計算書
⑤一次エネルギー消費量計算書
⑥求積図(外皮及び用途別床面積)
⑦設備および外皮の仕様・性能を証明する書類

【外皮計算書】
gaihi2

【求積図】
gaihi1
brank
linegr

サポート依頼はコチラまで
ZEH申請には外皮計算・一次エネルギー消費量の計算が必要です。 忙しくて時間が無い人・いまひとつ自信が無い人は外皮計算代行サービス 外皮計算.comまで!

img_gaihikeisan

【お問い合わせは野原産業(株) 住環境事業部 ゼロエネ住宅サポート部

電話 03-6361-2213

メール gaihikeisan@nohara-inc.co.jp

《お問い合わせフォームはコチラ》