ダンネツコラボ.COM 快適な住まいづくりの総合支援サイト

MENU

HEAT20のススメ
HEAT20のススメ

HEAT20G1・G2グレードとは?
省エネルギー住宅をすまい手に提案するにあたって、どのくらいの仕様が適切なんだろう?地域工務店なら誰でも一度は悩む問題です。予算が十分にあれば選択肢はいろいろあるのでしょうが、限られた予算の中で、夏涼しく冬暖かい省エネルギーな住宅を実現するには知識と経験が必要になってきます。そんな悩みに役立つアイデアがHEAT20(2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会)がまとめた設計指針HEAT20G1・G2グレードです。

HEAT20とは?
HEAT20は2009年から始まった断熱、省エネに関する有識者が集まった民間の団体です。各方面のスペシャリストである彼らがまとめた知見がHEAT20設計ガイドブック・設計ガイドブックPLUSの二冊の書籍として発売されています。この書籍からHEAT20が目指す住宅像を引用させて頂くと「エネルギーと室内環境の質が両立する住宅を目指して」とあります。これはエネルギー消費の問題は社会的な関心の高まりや実際の設備の性能向上が確実に高まっているが、賃貸住宅や建売住宅など性能よりも経済性を重視する建物ではレベルが低いのが現実であり、こと断熱に関しては1999年に定められた次世代省エネルギー基準(等級4)レベルが2020年にようやく義務化される方向で進んでいる現状から、義務化レベルの断熱性能で機器の省エネで一次エネルギー消費量の削減を目指す一方で、快適・健康性を考えて本当に必要な性能レベルを考えているのがHEAT20で指標とされるG1グレード・G2グレードです。HEAT20が目指す目標像の図(HEAT20設計ガイドブックPLUS 005ページ参照)を見てみるとG1グレードは平成28年省エネ規準レベルを100とすると25パーセントのエネルギー削減で「省エネ・環境の質・コストのバランス解」と設定されており、G2グレードは40パーセントのエネルギー削減で「省エネ・環境の質のバランス解」と設定されています。削減目標イメージと目標UA値を見るとG1グレードがZEH基準、G2グレードがZEHの外皮強化基準に近い事が分かると思います。ZEHの仕様設計を行う際にも、このグレードの達成方法を理解しておくと非常に仕様決めが進めやすくなると思います。

<HEAT20レベルはどんな住宅?
HEAT20設計ガイドブックPLUSでは、省エネ法の地域区分毎にノンエナジーベネフィット(NEB)とエナジーベネフィット(EB)の2つの観点から、どの様なメリットがあるのか?を解説しています。地域の工務店が省エネ住宅を建築する場合、考えなければいけないのは、この地域のこの場所にこの家を建てたら、どのくらいの温熱環境になるのか?事前に予測して家づくりを進める事です。実際には、ただ単に断熱材を厚くしたり、窓を樹脂サッシにするだけでは実現できませんが。どれくらいのスペックのものを使えば、これくらいの性能に近づくのかを理解することで設計の指針になりますし、すまい手への説明量が確実に向上し納得して建築を進める事が可能になります。
G1グレード・G2グレードの家は熱損失が少ないので熱が逃げにくい家になり、空調が効きやすい省エネ性能の高い家になりますが、同時に温度環境が改善された生活の質が高い家になると言う事ができます。
温熱環境の良い家とは、外気温の影響を受け難い為①暖房室と非暖房室の温度差が少ない家である②夜間の温度低下が少ない家と解説していますが室内の各室間及び時刻変化での温度差が少ないと言う事は、それだけ、暑さ・寒さを感じ難い快適で健康的な家だと言えます。

image

HEAT20G1・G2グレードとシナリオ
HEAT20G1・G2グレードについては、地域区分毎にUA値が設定されています。G1グレードについてはコストを含めたバランス解と定義されている通り在来木造住宅の標準的な躯体寸法で、少しだけグレードアップした窓で実現できる程度のレベルです。少しだけグレードアップした窓のイメージはU値2.33W/㎡・K程度の窓ですので、すでに標準化されている工務店さんも多いと思います。G2グレードはG1グレードよりも更に2割程度性能向上した仕様です。ここは付加断熱や更に高性能な窓など、標準的な収まりを超えた工夫が必要となります。

 1地域2地域3地域4地域5地域6地域7地域8地域
HEAT20 G20.280.280.280.340.340.460.46
HEAT20 G10.340.340.380.460.480.560.56
ZEH0.400.400.500.600.600.600.60
ZEH+
0.300.300.400.400.400.500.50
2020年基準UA0.460.460.560.750.870.870.87
2020年基準ηA3.02.82.73.2

HEAT20で面白い取組みが外皮性能グレードに対する住宅シナリオと言う考え方です。これは設定断熱グレード(G1・G2)に対して想定する暖房方式、スケジュールの場合に、冬期間の室内温熱環境(NEB)がどの様になるのかのイメージを示したものです。これは詳細なシミュレーションが出来ない場合でも、すまい手に温熱環境を伝えるコミニュケーションツールとして有効な手段だと思います。シナリオで定義されている項目は冬期間の住宅内の体感温度が15℃未満になる割合が平成28年基準レベルの場合とG1・G2それぞれの場合に何パーセントくらいになるのかと冬期間の最低の体感温度が何℃くらいになるのか?を示しています。もうひとつのシナリオが省エネルギー性能(EB)です。シナリオで定義された間欠暖房方式での暖房負荷の削減率と全館連続暖房方式にした場合の暖房負荷削減率を示しています。義務化レベルの家と自社の高性能な家を比較して説明する場合に計算等を行って詳細な準備が出来ない状況でも分かりやすい言葉で、すまい手にメリットを説明できる便利なツールです。誤解が無いように営業トークをマニュアル化しておく必要はありますが、経験の少ない営業マンでも意味・意義を伝えられるツールとなっています。

外皮性能グレードとシナリオのダウンロードはコチラ

HEAT20 G1・G2グレードの活用法
これからの時代は、高気密・高断熱住宅、省エネ住宅は当たり前、様々な言葉や手法で自社の良いところをすまい手に伝えていく必要があります。自社のポジショングがどこにあるのかでG1を選ぶのか?G2にチャレンジするのかは選択が異なると思います。2020年義務化レベルと言う選択肢も否定はしませんが、シナリオに示されているデータからも、快適で健康的な住宅レベルには程遠く、自社の物件がそんなレベルなんだと認識する必要はあると思います。どのくらい冬は寒くて、夏は暑い住宅を供給しているのか知っておいて下さい。
具体的にどの様な断熱材・窓の組み合わせをすればG1・G2を達成できるのか?設計ガイドブックPLUSの後半に「G1・G2水準の部位熱貫流率(U値)と仕様例」で各素材毎の段熱仕様組み合わせ例が示されています。この組み合わせを参考に自社の仕様を検討すると自信を持って高断熱仕様が決められると思います。

標準グレードをG1に
ダンネツコラボでは温暖地で「Q値1.9の家づくり」を目標基準値として活動しています。Q値1.9は概ねUA値で0.56相当です。つまりHEAT20の6地域のG1レベルでありZEH支援事業の公募規定程度の数字です。温熱環境を整える意味でも、各種補助金にチャレンジする意味でも、省エネ・環境の質・コストのバランス解として定義されたG1グレードを標準仕様として設定する事をお奨めします。

q1.9A

ダンネツコラボが数年前に提案していた資料を引っ張りだして見ました。このような組み合わせでもG1グレードは達成可能です。

linegr

サポート依頼はコチラまで
ZEH申請には外皮計算・一次エネルギー消費量の計算が必要です。 忙しくて時間が無い人・いまひとつ自信が無い人は外皮計算代行サービス 外皮計算.comまで!

img_gaihikeisan

【お問い合わせは野原産業(株) 住環境事業部 ゼロエネ住宅サポート部

電話 03-6361-2213

メール gaihikeisan@nohara-inc.co.jp