ダンネツコラボ.COM 快適な住まいづくりの総合支援サイト

MENU

外皮計算とは
外皮計算とは

外皮性能の計算とは、建物の断熱性能を測る指標で建築物省エネ法で規定されています。外皮とは、建物の外部と室内の熱的境界線の事を指し、具体的には断熱材やサッシが入っている所が外皮になります。住宅の外皮計算では、建物から熱がどれくらい逃げるのかを測るUA値(ゆーえー:外皮平均熱貫流率)と、冷房期にどれくらい熱が建物に入ってくるのかを測るηAC値(いーたえーしー:冷房期日射熱取得率)の2つを計算し証明します。

3_外皮計算とは

 1地域2地域3地域4地域5地域6地域7地域8地域
2020年基準UA0.460.460.560.750.870.870.87
2020年基準ηA3.02.82.73.2


算定の方法は2パターンあり、計算による性能基準と部位の断熱材のR値と開口部のU値による仕様基準の2つになります。

計算ルート

性能基準は部位(壁や天井など建物を構成する面)の熱貫流率をそれぞれ計算し全体の平均値を算出するやり方で最も正しい値を算出することができます。

仕様基準は、カタログを見て選ぶだけなので、とても簡単で確認申請のみに使うだけならこれでも良いのですが、どれくらい熱が逃げるのか?なのか各種補助事業や質の高い住宅の証明には使えない規定です。なによりどれくらいの性能なのか判断することができません。ダンネツコラボ.COMでは省エネ性能のみえる化の為に建築主の判断の基準をベースに解説をしていきます。
ZEHや長期優良住宅など、得する住宅の申請には、性能規定を使った外皮性能の計算及び一次エネルギー消費量の計算を行う事が基本となります。
サポート依頼はコチラまで
省エネ適合申請には外皮計算・一次エネルギー消費量の計算が必要です。 忙しくて時間が無い人・いまひとつ自信が無い人は外皮計算代行サービス 外皮計算.comまで!

img_gaihikeisan

【お問い合わせは野原産業(株) 住環境事業部 ゼロエネ住宅サポート部

電話 03-6361-2213

メール gaihikeisan@nohara-inc.co.jp

《お問い合わせフォームはコチラ》