ダンネツコラボ.COM 快適な住まいづくりの総合支援サイト

MENU

高気密高断熱住宅は夏に向かないのか?
高気密高断熱住宅は夏に向かないのか?

家のつくりやうは「夏を旨とすべし」と言っていたのは兼好法師でしたが、現代の省エネ住宅の作り様は「冬を旨とすべし」が定説となっています。断熱性能及び気密性能を向上させ、熱が逃げにくい家づくりがマストになり、暖かくエネルギー消費量の少ない家が増えつつあります。
冬を旨とした住宅の冬のメリットについてはわかりやすい内容であり、理解が進んでいる様に感じますが、一方で夏については、省エネ住宅(高気密高気密住宅)は、熱が逃げなくてオーバーヒートするから暑くて良くないと言う話もよく聞きます。このことを少し考えてみたいと思います。

winter

冬の対策
高気密高断熱住宅は、高いシェルター性能により、暖かい室内の熱が、冷たい外気側に逃げにくい性質を持っています。
冬は日中も夜間も外気温のほうが低い為、高い断熱性能は熱を逃がしにくいメリットがありプラスに働きます。開口部から太陽の熱(日射熱)をより多く室内を取り込む工夫も有効です。

summer

夏の対策
一方で夏場は、その高いシェルター性能によりオーバーヒートの可能性と夜間に外気温が下がったときなどに室温が下がり難いと言う2点の問題点が考えられます。
住宅におけるオーバーヒートとは、室内に侵入した熱が逃げ場を失い、室温が高くなる現象の事です。高気密高断熱住宅は、熱が逃げにくい構造なので熱が外部に逃げにくい為、オーバーヒートを起こす可能性が高くなります。これが高気密工断熱住宅が夏に向かないと言われる理由です。
しかし、あくまでも上がってしまった場合に下がりにくいと言う欠点であり、まずは日射熱を取り込まない設計や通風計画など、基本的な設計条件の検討ができている事が重要です。
室温を上げる要素は外部から侵入する熱と内部発熱

最後に住宅の温度を上げる要素については考えたいと思います。
《主な発熱源》
①太陽の熱(日射熱)
②人体から発する熱
③家電や照明など機器から発する熱
④調理

17_オーバーハングによる補正

②〜④の内部発熱は生活熱ですから、建築的にコントロールするのは難しい要素です。①の太陽の熱(日射熱)が作り手がコントロールできる唯一の要素です。
日射熱を室内に取り込まない為に太陽の向きを計算した窓の配置や庇など遮蔽物の計画や
温められた屋根や外壁の熱が内部に侵入しない高い断熱性能などの計画が暑さ対策の基本になります。