ダンネツコラボ.COM 快適な住まいづくりの総合支援サイト

MENU

部位の熱貫流率(U値)とは
部位の熱貫流率(U値)とは

熱貫流率とは、熱がどれくらいの速さで逃げていくのか?を測る指標です。熱は熱いところから冷たいところへ移動する性質があります。冬の場合、室内の暖かい空気の熱が冷たい外気側へ移動していきます。その際に建物の部位(壁や天井・窓まど)を通じて熱が逃げるときにどれくらいの速さで逃げていくかを示す指標です。

5_部位の熱還流率(U値)とは?

熱貫流率の単位はW/m2・K(わっとぱーへいべいけるびん)で部位の面積1m2あたりに室温と外気温の差が1℃(1K:ケルビンは1℃)のときに何ワットの熱が逃げるかを表します。熱が逃げない方が高性能ですので値が少ないほど性能が良いことになります。

U値とは

窓のU値はカタログに記載されている数値をそのまま適用できますが、壁・床・天井など部材が複層になっている部位は計算によりU値を算出する必要があります。面積比率(熱橋)ごとに建材の熱抵抗値を加算した合計の逆数が熱貫流率U値になります。

サポート依頼はコチラまで
省エネ適合申請には外皮計算・一次エネルギー消費量の計算が必要です。 忙しくて時間が無い人・いまひとつ自信が無い人は外皮計算代行サービス 外皮計算.comまで!

img_gaihikeisan

【お問い合わせは野原産業(株) 住環境事業部 ゼロエネ住宅サポート部

電話 03-6361-2213

メール gaihikeisan@nohara-inc.co.jp

《お問い合わせフォームはコチラ》