ダンネツコラボ.COM 快適な住まいづくりの総合支援サイト

MENU

ZEHはじめて枠 絶不調!
ZEHはじめて枠 絶不調!

平成30年度環境省ZEHの第1次公募(5月28日~6月29日)に対しての交付決定の発表が、7月10日にありました。

特に新規で取り組むビルダーのために設定された、はじめて枠600件に対して、申請は28%の169件、採択は166件と、非常に低調な状況となっています。

次週から第2次公募受付が始まります。
2次公募では、はじめて枠は430件設定されています。

一次公募で枠が余るのは、ある程度予測されていた事態です。どういう事かというと、ZEHに取り組む意識のあるビルダー・工務店は、既に取り組んでおり、取り組んでいない工務店にはZEHは量産メーカーのモノと言う意識が、大方を占めている感じがあります。それを打ち消すだけの新たな魅力づけもないわけですから無理も無いと言うのが、その理由です。

さて、これはZEHは、やるべきでは無いと言う事なのでしょうか?

ダンネツコラボのヒアリングの結果から推定すると、まわりを様子見しているまま機会損失している工務店が多いように思われます。
このまま省エネ基準以下の仕様で建て続ける方は、それで良いと思いますが、どの道どこかでトライする可能性のある方は、まわりの動きが鈍い今がチャンスです。
無理なく補助金をお客様にお届けする事が出来て、ZEH建築の経験を積むことが出来るチャンス。
いま正にそんな状況と言える事が出来ます。

ぜひ、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか