ダンネツコラボ.COM 快適な住まいづくりの総合支援サイト

MENU

窓の付属部材と付属品
窓の付属部材と付属品

次世代省エネルギー基準(平成11年基準)では夏季日射熱取得係数(μ値 みゅーち)を緩和する付属品としてレースのカーテンが用いられてきました。計算でレースのカーテンを採用することにより、日射をほとんど遮らない単板ガラスでも、日射熱が緩和される様に計算することができました。新しい省エネ基では窓の日射熱の侵入率の補正として建築的に取り付けられるものだけが採用された為、便利なレースのカーテンが使うことが出来なくなりました。基本的にガラスを日射遮蔽性能の高いもの、具体的にはLow-e(低放射)ガラスの採用が有効です。それを補正するものとして付属品という項目が設定されています。建築的に取り付けられるものとして、和室の「和障子」・及び外付けブラインドが設定されています。
日射に影響を与える付属品の他に、断熱の影響を与える付属部材が設定されています。共通する項目は和室の障子のみとなります。

付属品  →日射遮蔽性能に効果があるもの
huzokuhin

付属部材  →断熱性能に効果があるもの
・シャッター若しくは雨戸
・障子
・熱的境界の外部に存する風除室

linegr

サポート依頼はコチラまで
ZEH/BELS申請には外皮計算・一次エネルギー消費量の計算が必要です。 忙しくて時間が無い人・いまひとつ自信が無い人は外皮計算代行サービス 外皮計算.comまで!

img_gaihikeisan

【お問い合わせは野原産業(株) 住環境事業部 ゼロエネ住宅サポート部

電話 03-6361-2213

メール gaihikeisan@nohara-inc.co.jp

《お問い合わせフォームはコチラ》