ダンネツコラボ.COM 快適な住まいづくりの総合支援サイト

MENU

ZEHとは
ZEHとは

経済産業省の定義ではZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、快適な室内環境を保ちながら住宅の断熱化と高効率設備によりできる限りの省エネルギーに努め 、太陽光発電等によりエネルギーを創る ことで1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅と定義されています。

19_ZEHとは

経済産業省のリリースでは、ZEHの実現・普及は、我が国のエネルギー需給の抜本的改善の切り札となる等、極めて社会的便益が高いものであり、エネルギー基本計画(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2020年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とする政策目標が設定されています。2030年には、だいたい半数の新築住宅がZEHになるイメージです。

ゼロエネルギー実現の手法はおおきく下記の3つに分けられています。

①エネルギーを極力必要としない為に断熱性能を強化する。
②エネルギーを上手に使う為に高性能な設備を採用する。
③太陽光発電などを採用して自家消費分相当のエネルギーを創り出す

ZEHの基準は外皮性能と一次エネルギー消費削減量の二つの基準で求められ、外皮は地域毎に設定されたUA値の基準をクリアする事、一次エネルギー消費削減量は、平成25年基準の標準的な住宅に比べ創エネ設備の発電量を除いた状態で20%消費エネルギーが少なく、なおかつ創エネ設備の発電量を含んだ状態で100%消費エネルギー量が削減されている事が求められます。
brank
zehimage003
brank
brank
ZEHとはnetZeroEnergyHouseの略で経済産業省が行う補助金に採択されるゼロエネルギー住宅を指します。
温暖地でUA値0.6W/㎡・K以下の高断熱な躯体と高効率機器で20%省エネ化して残りの消費エネルギーを太陽光発電でまかなうことによりほぼ(ネット)ゼロエネルギーにする住宅です。経済産業省で行う支援事業では、この住宅に対し公募を行い、採択されればお施主さんに125万円の補助金が支給されます。国が行う新築住宅に対する高額な補助金は、2016年度はZEHと地域型住宅グリーン化事業くらいなので、今まで省エネにこだわっていない作り手も重い腰を上げて動き出すなど、非常に注目が集まっています。
brank

zehbuild
brank
brank
ZEHビルダー登録
ネットゼロエネルギーハウス普及促進事業に応募するには作り手側が、ZEHビルダーに登録する必要があります。ZEHビルダーは注文・分譲・改修の3つの項目にわかれており、その項目で自社が施工する物件の50%以上を2020年の段階でZEHにすることを宣言する必要があります。登録に費用がかかったり、2020年に未達成だからと言って罰則があるわけではありませんので積極的な登録をお勧めします。

ZEHビルダー登録の方法はコチラ

brank
事業の流れ
補助対象者はお施主さんになります。ZEHビルダーはお施主さんが補助を受けれる様に申請代行を行います。申請は代行者に委託することも可能です。事業期間内に支援事業の申請を行い、採択された後、着工をすることができます。着工前に現地で交付されるプレートと現地が一緒に写った写真を撮ることが求められますのでご注意ください。

brank
zehflow
brank

補助金額
補助金額は一律125万円です(北海道は150万でニアリーZEHが125万)その他、蓄電池1Kwhあたり5万円の補助が行われます。2016年度は6次公募まで行われますが、予算が予定以上に消化された為、5・6次公募が同時に行われました。
brank
hojyo
brank
brank
ZEH申請の基準
募集条件は外皮性能の基準と一次エネルギー消費量の基準及びHEMSの設置の3点です。外皮については温暖地で0.6W/㎡・K以下 一次エネルギー消費量を基準値より20%以上省エネにすることおよび残りの消費量分を太陽光発電で創エネすることと最後にEMSの設置となります。
brank
gaiyo

brank
加点ポイントについて
外皮と一次エネはともに少ない方が良く採択基準は一次エネルギー消費量のBEI(削減率)で評価されます。加点ポイントは課題措置をクリアすることでポイントが加点される制度でポイントは一次エネルギーの削減率に加算されて審査されます。
一つ目は外皮性能をZEH基準より20%削減することです。温暖地では基準が0.6W/㎡・K以下なので0.48W/㎡・K以下になることが求められます。
二つ目はBELSの取得です。これはあたらしい省エネラベリング制度でZEHは★5の最高等級と評価されます。
最後はHEMSの対応です。標準のHEMSの計測ポイントに追加して換気と照明も計測することと計測結果の報告が求められます。

katen
brank
brank
BELS
ZEHの申請書類を作る過程でBELSの申請書類はほとんど出来上がっている状態になりますので、加点要素の中で一番ハードルが低い加点ポイントといえます。ZEH申請に関してはマストアイテムと言っても過言ではない項目です。将来の不動産価値の証明の為にも、所得しておくことをお奨めします。

bels

【参考 BELS申請に必要な資料】
・BELSに係る評価申請書
・委任状
・設計内容(現況)説明書
・図面等
・一次エネルギー消費量計算書
・その他必要な資料

繰り返しになりますがBELSをお奨めする最大のポイントは手間のかかる一次エネルギー消費量計算書がZEH申請で作成していますので手間と費用が最小限で済む事です。ZEH事業公募への申し込み時は、BELSを取得すると申請するだけですので時間的制約もありません。ここまで聞けばBELSを使わない理由はありませんね。

brank

サポート依頼はコチラまで
ZEH申請には外皮計算・一次エネルギー消費量の計算が必要です。 忙しくて時間が無い人・いまひとつ自信が無い人は外皮計算代行サービス 外皮計算.comまで!

img_gaihikeisan