ダンネツコラボ.COM 快適な住まいづくりの総合支援サイト

MENU

パッシブとアクティブ
パッシブとアクティブ

パッシブハウス

省エネにはパッシブ要素とアクティブ要素があります。よくパッシブハウスという言葉を聞きますが、これはドイツパッシブハウス研究所が規定する性能認定基準を満たす省エネルギー住宅のことを指します。

認定基準

①1㎡当たりのエネルギー量 kwh/㎡(年間)
・冷暖房負荷それぞれ15kwh/㎡以下
・一次エネルギー消費量(家電も含む)120kwh/㎡以下
②50㎩の加圧時の漏気回数0.6回以下
※隙間相当面積(C値)0.2c㎡/㎡以下に相当します。 

パッシブハウス基準を満たさなければパッシブ住宅とは呼べないのか?

パッシブハウスと名乗れば、当然そういう事になりますが、そこに到達しなければ無意味という訳では無く、パッシブデザインを用いた住宅には、快適性の向上や光熱費の削減など多様なメリットがあります。
建築条件や予算を踏まえながら、パッシブデザイン要素を設計に盛り込む事は非常に重要で有意義なものと考えられます。

パッシブ要素

パッシブ要素とは、断熱による熱を逃がさない工夫や日射熱の有効利用など機械に頼らないもの、アクティブ要素とは高効率機器の利用などの機械による省エネを指します。
省エネの為には、なるべく機械に頼らずにパッシブ要素の活用により自然エネルギーをうまく使うことが重要です。ただし周辺環境が好条件な敷地ばかりではないので工夫が必要です。

パッシブ

パッシブ要素には以下の様なものがあります。
・断熱・気密
・日射熱の利用(取得・遮蔽)
→蓄熱
・自然風の利用
→通風
・昼光の利用
→採光

そのほか関連する要素技術
・太陽光の利用(創エネ)
→太陽光発電
→太陽熱利用(空気・水)

省エネ基準では、パッシブデザインの要素は表立って評価されませんが一次エネルギー消費量のプログラムにも蓄熱と通風の評価が盛り込まれています。

外皮性能の評価においては、日射熱取得率ηAを求める際に、方位ごとの夏と冬の係数が規定されています。

方位ごとの窓の大きさや割合で値が大きく変化しますので、パッシブデザインを知るには、まずはそこから試して見るのが手軽です。

アクティブ要素

対してアクティブ要素とは、機械の性能による省エネになります。パッシブ要素を全く考慮せず、最新設備の導入だけで省エネ住宅だと言う作り手には賛同しかねますがパッシブ要素に較べ、アクティブ要素の技術的進歩が速いことは紛れも無い真実です。
入手可能な価格で、省エネ性能が高ければ、最新機器を使わない選択肢はありませんよね。省エネ住宅にはパッシブ要素とアクティブ要素をバランスと効果を考えながら設計していく必要があります。