ダンネツコラボ.COM 快適な住まいづくりの総合支援サイト

MENU

今なら125万円貰えるかも!ウワサのZEHとは?
今なら125万円貰えるかも!ウワサのZEHとは?

ZEHとは

Z ゼロ
E エネルギー
H ハウス

の事でゼッチと読みます。2016年から2017年にかけては1棟あたり125万円の補助金が、ZEHを建てるお施主さんに直接、交付される事業が行われています。

事業が今行われているかはこのサイトでチェック

2016年のネットゼロエネルギーハウス支援事業では、6356棟に補助金が交付され、たくさんのゼロエネルギーハウスが誕生しました。2016年末から2017年にかけて行われる平成28年度補正予算でもZEHに100億円の予算がありますので、2017年はゼロエネルギーハウスを建てるには、またとない好機です。

ZEHにするには

ZEH概要
上の図は経済産業省の補助金のイメージ図です。
断熱性能とを省エネ基準より3割高くし、エコキュートや上位機種のエアコンなど高効率機種を採用する事で基準値より2割以上エネルギー消費を減らした上で残りの消費エネルギーを賄う分以上の太陽光発電システムを搭載した住宅がZEH(ゼッチ:ネットゼロエネルギーハウス)の定義となります。

1ene

①2020年に義務化になる省エネ基準より3割高い断熱性能
②基準値より2割以上エネルギー消費を削減
3太陽光発電システムの搭載
④HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)の設置

蓄電池にも補助金が

建物への補助125万円の他に蓄電池を採用した場合には1Kwあたり5万円の補助金が出ます。蓄電池の利用を検討されている方にはオトクな制度です。

例えば6.4KWのタイプですと5万円X6.4KW=32万円の補助金がプラスでもらえます。

ZEHの建築は誰に相談?

zehflow2

ZEHの申請はZEHビルダー登録を行った設計事務所・住宅会社が建築及び手続きの代行を行います。
登録されている事業者はこのサイトから確認できます。
登録していても省エネ住宅の実績が少ない事業者もいますのでZEH事例だけで無く、高気密高断熱住宅の建築実績などを聞いて見ると良いでしょう。