ダンネツコラボ.COM 快適な住まいづくりの総合支援サイト

MENU

フラット35S
フラット35S

住宅金融支援機構のフラット35で住宅購入資金を調達する場合、質の高い住宅の場合はフラット35Sを利用することができ、一定の期間金利が優遇されます。
フラット35Sに適合するには①省エネルギー性②耐震性③バリアフリー性④耐久性・可変性の4項目のうちいずれかひとつを満たす必要があります。ここでは省エネルギー性に絞って説明します。

金利優遇Aプラン
フラット35の借入金利より10年間 0.3%引き下げられます。

【適合する住宅】
・認定低炭素住宅
・トップランナー基準に適合する住宅
・一次エネルギー消費量基準 等級5
・性能向上計画認定住宅(建築物省エネ法)一次エネルギー消費量基準 等級5及び断熱等等級4

金利優遇Bプラン
フラット35の借入金利より5年間0.3%引き下げられます。

【適合する住宅】
・一次エネルギー消費量基準 等級4及び断熱等等級4

適合基準のレベル感

等級4は断熱等等級及び一次エネルギー消費量基準ともに省エネルギー基準並みの住宅です。一次エネルギー消費量基準の等級5は省エネルギー基準より10%エネルギー消費量が少ない住宅です。
等級5は、例えばエコキュートなどの省エネ設備をひとつでも採用していれば達成できるレベルですので決して手の届かない高級仕様ではありません。金利優遇Aプランが適用されるレベルで省エネの仕様を検討した方が金利面でもメリットがあります。